ホームchevron_right会社情報chevron_right代表挨拶・経営理念
会社情報

代表挨拶

代表取締役 竹内 豊

弊社は設立以来、ヘルスケア市場におきまして治療用食品のプランナーとして事業展開してまいりました。
治療用食品の位置付けとしましては、介護用食品を核にして他には各種疾患に対応した病態別食品が該当します。本分野は社会貢献性が大いにあり、弊社としましてはお客様に優しく、安心され、且つ信頼される製品を開発し、提供していく事を社員一同心がけております。
介護用食品は状況によっては人の命に関わる場合がございます。我々が手がけている仕事の重要性、社会的な責任の重さを常に謙虚に受け止め、お客様のQOLの向上を念頭に、今後も小さくても光輝く製品の開発に邁進する所存でございます。

代表取締役竹内 豊

PHILOSOPHY経営理念

おいしい、
もぐもぐ、ごっくん

私たちは食べる喜びを支え笑顔を創り続けます。

食べることの難しさを感じている全ての方へ、
食べる意欲、食べる喜びをいつまでも持ち続けたいと願う全ての方へ、
私たちはその想いを食品、機器、情報、サービスを通じて
あなたをサポートし続けます。

フードケアが提供する介護食品の重要性とその必要性

年をとり、もしも誰かの介護が必要になったとします。食べたり飲んだり、という行為がそれまでと同じようにできれば、食生活に差し障りはありません。しかし、『かむ力』や『飲みこむ力』まで衰えてしまったら、自らの『いのち』を保つために、介護食品の存在が不可欠になってきます。
口から食べるということは、人が生きている事を実感できる最も重要な行為の一つでもあります。その役に立つのが介護食品であると言えます。介護食品の必要性を充分に認識している方は、まだまだ少ないのが現状です。介護食品はビタミン剤やダイエット食品とは異なります。健康補助食品は、生きる上でのいわば『プラスアルファ』といえるでしょう。しかし、介護食品の場合、生きているためにそれを必要としている方が予想以上にたくさんいらっしゃいます。
本格的な高齢化社会を迎え、介護食品の必要性がますます高まることは間違いありません。時代のニーズに応え、介護食品の価値を伝えていく、それがフードケアです。

VISION経営方針

VISION 1
世界中を笑顔にするために、
新しい挑戦を続けます。
私たちは、食べる喜びを支え世界中を笑顔にすることを目指しています。食べる喜びは生きる喜びにつながることを信じ、革新的な製品の開発や、新しいサービスの提供に挑戦し続けます。
VISION 2
「ありがとう」のハートの輪を
ひろげていきます。
私たちは、omg (おいしい、もぐもぐ、ごっくん)に関わる全ての人たちが幸せであることを願っています。「ありがとう」でつながるハートの輪を大切に、誠実な企業活動を通じて、より良い社会づくりに貢献していきます。
VISION 3
私たち自身が、個人の成長を追求する
企業風土を創ります。
私たちは、お互いの個性を尊重し個人の可能性の種が花開くよう、いきいきと心豊かに成長できる風土を創り続けます。

お問合せ

お客さまの声を大切にし、製品づくりやサービスの提供に努めています。
ご意見、お問い合わせなどお寄せください。

製品サンプル·資料請求

製品のサンプルをご要望の方は
製品サンプル・資料請求より
ご依頼ください。