商品情報

 
エプディッシュ商品画像
 

エプディッシュ

 

甘くない和風感覚の
栄養機能食品です

 
やわらかくなめらかなゼリー物性でおいしくさっぱりと栄養補給ができます。

特長

エプディッシュの盛り付け例

甘くない和風感覚の栄養機能食品です

 
●やわらかくなめらかなゼリー物性でおいしくさっぱりと栄養補給ができます。
●甘くないから工夫次第でいろいろ使えます。

 ゼリー食やミキサー食のエネルギーとたんぱく質の補給に

 
●ゼリー食やミキサー食は加水するため、エネルギー・たんぱく質が低くなりがちです。
●エプリッチまたは、エプディッシュを1品(1/3パック)加えるだけで、エネルギー・たんぱく質が効果的にアップします。 
 
エプディッシュの使用例
 

 ●エプリッチの1品追加とエプディッシレシピのあわせ技でエネルギーとたんぱく質をさらに強化できます。
しっとりまとまったキザミ食を作りたい方にもおすすめです。

エプディッシュの使用例
  

ご使用方法(エプリッチと同じです)

エプディッシュの使い方

エプディッシュの使い方

レシピのご紹介

甘くないから工夫次第でいろいろ使える

ひと手間加えることで、さらにメニューのバリエーションが膨らみます。
 
 
エプディッシュの使い方
 

●パックから出すだけ簡単レシピ

冷奴風
 
エプディッシュの冷奴風
[エネルギー:77kcal たんぱく質:4.9g]
 

材料(1人分)

エプディッシュ(とうふタイプ)・・1/3パック

小ねぎ・・・・・・・・・・・・・2g

かつお節・・・・・・・・・・・・0.25g

天然低塩しょうゆ(当社製品)・・・3g

作り方

① 冷やしたエプディッシュを容器から出す。

② 1/3に切り分け、器に盛る。

③ 小ねぎ・かつお節をのせ、しょうゆをかける。

※温かい器だとエプディッシュが溶ける可能性がありますのでお気をつけ下さい。
※トッピングは青じそ、おろし生姜など様々なもので応用ができます。

 
 
 

白和え風
 
エプディッシュの白和え風
[エネルギー:118kcal たんぱく質:6.2g] 
 

材料(1人分)

エプディッシュ(とうふタイプ)・・・1/3パック

ほうれん草(ゆで)【切り方:3cm】・・20g

人参(ゆで)【切り方:千切り】・・・・15g

白ごま(すり)・・・・・・・・・4.5g

白だし・・・・・・・・・・・・5g

砂糖・・・・・・・・・・・・・1g

天然低塩しょうゆ(当社製品)・・2g

作り方

① 冷やしたエプディッシュを容器から出す。

② ①に白ごま・白だし・砂糖・しょうゆを入れ、混ぜる。

③ 茹でて冷ましたほうれん草・人参の水気を絞り、②と和える。

※温かい器だとエプディッシュが溶ける可能性がありますのでお気をつけ下さい。

●一度溶かして冷やし固めるレシピ

黒土佐酢ジュレソース
 
エプディッシュの黒土佐酢ジュレソース
[エネルギー:77kcal たんぱく質:4.7g]
 

材料(1人分)

エプディッシュ(とうふタイプ)・・・・・・1/3パック

ハウス食品(株)製:ジュレソース(土佐酢)・・5g

作り方

① 未開封のエプディッシュを湯煎で温め、液状に溶かす。

② ①を容器に流し込み、冷蔵庫で半日以上冷やし固める。

③ ②の上にジュレソースをかける。

 (お好みで小ねぎなどを添える。)

 
 

黒蜜きなこ
 
黒蜜きなこ
[エネルギー:166kcal たんぱく質:7.7g] 
 

材料(1人分)

エプディッシュ(とうふタイプ)・・・1/2パック

黒蜜・・・・・・・・15g

きな粉・・・・・・・2g

作り方

① 未開封のエプディッシュを湯煎で温め、液状に溶かす。

② ①を容器に流し込み、冷蔵庫で半日以上冷やし固める。

③ ②の上に黒蜜、きな粉をかける。

※食べる直前に黒蜜、きな粉をかけていただくといっそう美味しく頂けます。

●温めて溶かして作るレシピ

ホウレンソウポタージュ
 
エプディッシュのホウレンソウポタージュ
[エネルギー:147 kcal たんぱく質:7.6g]
 

材料(1人分)

ほうれん草・・・・25g

たまねぎ・・・・・25g

バター・・・・・・3g

水・・・・・・・・25g

コンソメ・・・・・1.5g

エプディッシュ(とうふタイプ)・・100g

塩・こしょう・・・適量

作り方

① ほうれん草・たまねぎ・バターを鍋に入れ炒める。

② ①に火が通ったら、水・コンソメを入れ、全体をなじませる。

③ 湯煎で液状に溶かしたエプディッシュと②を一緒にミキサーにかける。

④ ③を鍋に移し、全体を温める。

⑤ 最後に塩・こしょうで味を調える。

※ほうれん草の代わりにブロッコリーや人参など様々なスープに応用できます。

シチュー
 
エプディッシュのシチュー
[エネルギー:257kcal たんぱく質:16.7g] 
 

材料(1人分)

鶏肉(もも)【切り方:一口大】・・・・50g

人参【切り方:一口大】・・・・・・・35g

じゃがいも【切り方:一口大】・・・・70g

たまねぎ【切り方:1cmの薄切り】・・50g

サラダ油・・・・・4g

水・・・・・・・・25g

エプディッシュ(とうふタイプ)・・・・75g

コンソメ・・・・・1.3g

塩・こしょう・・・適量

作り方

① 鍋にサラダ油をしき、鶏肉・人参・じゃがいも・たまねぎをさっと炒める。

② ①に水を入れ蓋をし、野菜がやわらかくなるまで煮込む。

③ ②にエプディッシュを入れ、全体に火を通す。

④ ③にコンソメを入れ、最後に塩・こしょうで味を調える。

「しっとりDISH食」のご紹介

 
キザミ食に、「しっとり感とまとまり」は、足りていますか?

EPU-dishをキザミ食にまぜるだけで「しっとりまとまったキザミ食」ができあがります!

 

こんな時、こんな方におすすめです!

 
● キザミ食がパサパサして食べにくい
● 食べる量を増やさずにたんぱく質やエネルギーを高めたい
● あんかけがお好きでない方に食材の味を残したい
● 焼売など、カッターにかけるとかたまり状になってしまう
災害時ミキサーが使えない時、ほぐした食材をしっとりさせたい
 

しっとりディッシュ

 キザミ食の困ったもしっとりDISHで解決

キザミ食の困った…

 
パサパサする・まとまらない
量が増えて食べきれない
いつも”あんかけ”の風味と食感
 

※あんかけ…だし汁にとろみをつけたもの

しっとりDISH食で解決!

 
EPU-dishがつなぎになり、キザミ食がしっとりまとまります
食事量を増やさずに栄養アップ
食材の風味はしっかり残ります
 
 

しっとりディッシュの効果
 

しっとりDISHレシピ

DISHハンバーグ
エプディッシュのハンバーグ
EPU-dishをつなぎとして使用した料理
しっとりキザミDISH
 
エプディッシュのキザミ食
キザミ食にEPU-dishをまぜた料理

概要・注意点

原材料名

豆乳、植物油脂、デキストリン、難消化性デキストリン、ゼラチン、カゼインNa、グルコン酸カルシウム、乳化剤、安定剤(カラギナン)、pH調整剤、グルコン酸亜鉛、ビタミンE、グルコン酸銅

アレルギー

(特定原材料等27品目)

乳、大豆、ゼラチン

荷姿

207g×24パック/ケース

賞味期限

製造後6ヶ月

 

保存上の注意

直射日光と急激な温度差を避け、5~25℃の温度が一定した場所に保管してください。

 

使用上の注意

必ず半日(約12時間)以上、冷蔵庫(2~10℃)で冷やし固めてから開封してください。 

  1. 夏期などは品温により内容物がゆるくなる場合がありますので、より長時間の冷蔵を必要とします。保存方法が適切でない場合、固まり具合が不十分になります。
  2. 型を使用する場合は60℃程度の湯煎で加熱して溶かした後、冷やすとまた固まります。別の容器に入れて、お好きな形が手軽に作れます。
  3. 加熱すると溶けますので、冷たいままお召し上がりください。
  4. 医師・栄養士等のご指導にしたがって使用してください。
  5. 開封後は、必ず冷蔵庫に保管し、当日中にお召し上がりください。
  6. 製品により、少量の離水や、容器のつなぎ目のあとに色がつくことがありますが、品質には問題ありません。
  7. 容器に漏れや膨張等があるものや、開封時に異臭等の異常があるものは使用しないでください。

 
 
栄養機能食品(亜鉛・銅)
● 亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。
● 亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
● 亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。
● 銅は赤血球の形成を助ける栄養素です。
● 銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。
 
[1日あたりの摂取目安量]
○ 1日あたり1パック(207g)を目安に摂取してください。
○ 1日あたりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分の量の栄養素等表示基準値に占める割合は、亜鉛64%、銅66%。

[注意事項]
● 本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。
● 亜鉛の摂りすぎは、銅の吸収を阻害するおそれがありますので、過剰摂取にならないよう注意してください。
● 乳幼児、小児は本品の摂取を避けてください。
● 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。
● 本品は特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

栄養成分表

  単位 1パック(207g) 1/3パック(69g)
エネルギー kcal 225 74
水分 g 163.5 54.5
たんぱく質 g 13.8 4.6
脂質 g 13.2 4.4
炭水化物 糖質 g 11.8 3.9
食物繊維 g 4.1 1.4
ナトリウム mg 159 53
カリウム mg 132 44
カルシウム mg 120 40
マグネシウム mg 15 5
リン mg 117 39
mg 0.3 0.1
亜鉛 mg 4.5 1.5
mg 0.4 0.1
ビタミンE mg 5.4 1.8
食塩相当量 g 0.4 0.1

 

エプディッシュのよくあるご質問

必ず半日(約12時間)以上、冷蔵庫(2~10℃)で冷やし固めてから、開封してください。

急激な温度差を避け、なるべく5~25℃の温度の一定した場所に保管してください。特に夏場の暑い時期は、冷蔵庫での保管をおすすめします。

開封後は冷蔵庫で保存し、当日中にお召し上がりください。

 ゼリーの形を保った状態では使用できません。20~30℃で溶ける性質があるためです。そのため、スープのように液状に溶かす場合は、温めて使用できます。

エプディッシュのたんぱく質は、動物性と植物性を両方含みます。脂質は、大部分が原料の植物油脂に由来する植物性のものです。

 原材料由来の乳糖を微量に含みます(牛乳の約1/50)。しかし、含有量は濃厚流動食と同程度なので、濃厚流動食を使っている方であれば、乳糖不耐症の方でも使っていただけると考えられます。

各種お問合せ先

 

お問い合わせ電話番号のバナー
勉強会依頼のバナー
サンプル品資料請求のバナー