商品情報

ハイトロミールの商品画像
 

ハイトロミール 

 

食事にしっかりとろみをつけるなら!

 
ハイトロミールは、少量でしっかりとしたとろみをつけることができます。

特長

食事にしっかりとろみをつけることができます。

 
①少量でしっかりとしたとろみがつきます。
②高粘度での使用が多い場合に最適です。(特にミキサー食を提供する場合など)
③汎用性が高く、どんな食品にも比較的とろみがつきやすくなっています。

ご使用方法

[方法1]

飲み物をかき混ぜながら、少しずつハイトロミールを加えてください。

とろみ調整食品の使い方

[方法2]

  1. ハイトロミールを先に乾いた容器へ入れておきます。
  2. ある程度の水流で飲料を流し入れます。
とろみ調整食品の使い方

※牛乳・スポーツドリンク・果汁飲料・濃厚流動食など、とろみのつきにくい飲み物は、一度よくかき混ぜ、数分~10分置き、再度よくかき混ぜてください。
※とろみをつける物により、時間が異なります。とろみの状態をよく確認してください。

 
 
とろみが強いとき
同じ飲み物を加えて、数十秒かき混ぜれば、とろみを弱めることができます。
とろみが弱いとき
濃いめにとろみをつけた同じ飲み物を加えてかき混ぜれば、とろみを強くすることができます。
 

※とろみをつけた後にとろみ調整食品を粉のまま加えるとダマになることがあります。

とろみの目安(各種飲料100mlあたりの使用量)

ハイトロミールのとろみの目安表

概要・注意点

原材料名

デキストリン、増粘多糖類、加工でん粉

アレルギー

(特定原材料等27品目)

該当なし

荷姿

2.7g袋×50/箱×20/ケース

350g袋×10/ケース

700g袋×6/ケース

1.5kg袋×5/ケース

賞味期限

製造後1年

 

使用上の注意

のどに詰まった場合は直ちに救急に連絡し、指示に従って応急処置をしてください。 

  1. 適切なとろみのつよさは召し上がる方によって異なりますので、必要に応じて専門の医師、栄養士等にご相談の上、適切にご使用ください。
  2. 本製品を粉のままで絶対に食べないでください。のどに詰まるおそれがあります。
  3. 本製品を溶かした際にダマができた場合は取り除いてください。一度とろみがついた食品や飲料に本製品をさらに加えるとダマになる場合がありますのでご注意ください。
  4. とろみのつよさは温度や時間の経過によって変化することがありますので、召し上がる前に必ずとろみの状態を確認してください。
  5. 熱い食品や飲料にとろみをつけた場合、やけどをするおそれがありますので温度を確かめてからお召し上がりください。
  6. 食事介助を必要とする方が召し上がる際は、介助者は確実に飲み込むまで様子を見守ってください。
  7. 本製品の使用によって、飲食物が誤って気管に入ること(誤嚥)を防げるものではありません。
  8. 本製品の食物繊維の作用により、お腹がはったりゆるくなることがあります。
  9. 開封後は湿気を避けて密閉保存し、お早めにご使用ください。
  10. 介護や介助が必要な方や、お子様の手の届かないところに保管してください。
粉のまま口に入れない

栄養成分表

  単位 100gあたり 2.7gあたり
エネルギー kcal 290 7.8
水分 g 6.7 0.2
たんぱく質 g 1.5 0.04
脂質 g 0.2 0.01
炭水化物 糖質 g 50.7 1.4
食物繊維 g 39.8 1.1
灰分 g 1.1 0.03
ナトリウム mg 260 7.0
カリウム mg 164 4
カルシウム mg 28 1
リン mg 21 1
mg 1.1 0.03
食塩相当量 g 0.7 0.02

各種お問合せ先

 

お問い合わせ電話番号のバナー
勉強会依頼のバナー
サンプル品資料請求のバナー