商品情報

スベラカーゼLiteの商品画像
 

スベラカーゼLite

 

お粥はもちろん、すべての食事に使えます

 
ゼリー食の素(酵素入り)。主食・主菜・副菜・汁物・デザート・飲料にも使えます。

特長

1. ミキサー粥やでんぷん食品特有のベタツキを解消します

ベタツキの原因であるでんぷんをα-アミラーゼ(でんぷん分解酵素)が分解することによって、ミキサー粥やでんぷん食品の付着性が改善され食べやすくなります。

スベラカーゼLiteの効果

 

2. 唾液による離水の影響を最小限に抑えます

【全粥に唾液を添加】

全粥の唾液による離水の画像
著しい離水がある

【本品0.7%添加の全粥に唾液を添加】

スベラカーゼLiteの唾液による離水がない画像
離水がほとんどない

3. 温冷配膳車が使えます

 
65℃でも溶けださないため、温冷配膳車で温かいゼリー食が提供できます。
 

4. 冷凍保存できます

 
お召し上がりの際は、電子レンジかお鍋で沸騰するまで
均一に加熱してください。

冷凍庫とレンジのイラスト
 

5. ほとんどすべての食品に使えます

 
ミキサー粥やでんぷん食品に限らず、主菜、副菜、汁物、デザート、飲料など、あらゆる料理にご使用いただけます。
そのため、用途別にゼリー剤をご用意いただく必要がありません。
 

ご使用方法

粥ゼリーの作り方

 

スベラカーゼ粥の作り方
スベラカーゼ粥の作り方
 
〈MEMO〉
お粥が無い場合は、ご飯とお湯を1:2の比率で混ぜて作ることもできます。

使い方を動画でみる

 

 
スベラカーゼで作ったおかず
 

ご使用目安

 
スベラカーゼLiteの目安表
 

動画で作り方を見る

 

スベラカーゼ粥の作り方

 

・食材と加水分の全量に対してスベラカーゼを約1~2%の範囲で添加し70℃以上で溶解してご使用ください。
・食材の種類に応じてスベラカーゼの添加濃度や加水量を加減し、食品のかたさを調節してください。
・調理の際はスベラカーゼが食品中で完全に溶解するまで、十分に熱を与え混合をおこなってください。
・全粥が固まりにくい時は、スベラカーゼを混合後に鍋などに移しかえ沸騰する程度まで攪拌しながら再加熱してください。
 
 

 

スベラカーゼ粥の作り方(ご飯で作る簡単な方法)

 

 

 

スベラカーゼ(つぶ粥の作り方)

 

 
つぶ粥とは、全粥にスベラカーゼを加えて作った粒のあるお粥です。
 
 

概要・注意点

原材料名

デキストリン(国内製造)/ゲル化剤(増粘多糖類)、酵素

アレルギー

(特定原材料等27品目)

該当なし

荷姿

3g袋×50/箱×20/ケース
1kg袋×8/ケース

賞味期限

製造後1年

 

使用上の注意

のどに詰まった場合は直ちに救急に連絡し、指示に従って応急処置をしてください。 

  1. 本製品を粉のまま口に入れて食べないでください。
  2. 本製品を使用した食品のかたさには十分注意し、のどに詰まるおそれがないよう適切なかたさに調理してください。
  3. 召し上がる方の健康状態に応じて、専門の医師、管理栄養士、言語聴覚士等にご相談の上ご使用ください。
  4. 熱い食品や飲料ではやけどをするおそれがありますので、温度を確認してからお召しあがりください。
  5. 食事介助を必要とする方が召し上がる際は、介助者は確実に飲み込むまで様子を見守ってください。
  6. 本製品の使用により、飲食物が誤って気管に入ること(誤嚥)を防げるものではありません。
  7. 本製品の食物繊維の作用により、お腹が張ったりゆるくなったりすることがあります。
  8. お茶などの透明な飲料に使用した場合、ゼリーが白濁しますが異常ではありません。
  9. 本製品はでんぷん分解酵素を使用していますので、他のでんぷん食品に混入したり飛散することがないようにご注意ください。
  10. 介護や介助の必要な方や、お子様の手の届かないところに保管してください。
  11. 高温多湿と直射日光を避けて常温で保管し、開封後は密閉してお早めにご使用ください。
粉のまま口にいれない

栄養成分表

  単位 100gあたり
エネルギー kcal 328
水分 g 4.4
たんぱく質 g 1.6
脂質 g 0.1
炭水化物 糖質 g 70.6
食物繊維 g 19.3
ナトリウム mg 1210
カリウム mg 245
カルシウム mg 298
リン mg 43
mg 0.4
食塩相当量 g 3.1

スベラカーゼLiteのよくあるご質問

使い方、出来あがりの物性はほぼ同等ですが、物性が安定するまでの時間はスベラカーゼLiteの方が長くかかる傾向があります。そのため、調理時間を少しでも短縮したい場合はスベラカーゼが適していますが、ゼリーを型抜きなどで成型する場合にはスベラカーゼLiteのゆっくり固まる特性が適していると言えます。

【注意】
①温冷配膳車(65℃設定)には60℃以下にさましてから入れてください。
②ガラスのミキサーは割れることがございます。その際は粗熱をとり冷ましてからスベラカーゼLiteを添加し撹拌後、再加熱(70℃以上)してください。

本品はでんぷん分解酵素を使用していますので、お粥などでは分解に伴い甘みがやや増すことがあります。

ひとつめは、食品全体にスベラカーゼLiteを均一に良く混ぜることです。特に水分の少ない食材は、だし汁などを追加してスベラカーゼLiteを良く分散させてください。ふたつめは、充分な熱を加えてスベラカーゼLiteのゲル化剤を完全に溶解させることです。もしゼリーが固まりにくいと感じられたときは、これらに注意して再加熱を試みてください。

雑炊など塩分を含む食品は、スベラカーゼLiteのゲル化剤が溶ける温度が高くなりますので(80℃以上)、ひと煮立ちさせる程度の再加熱が必要な場合があります。すし飯や梅粥など酸を含む食品は、スベラカーゼLiteの添加濃度を少し上げて調節してください。なお、牛乳などカルシウムを多く含む食品の一部では、ゼリーの固さが均一になりにくくご使用に適さない場合があります。

お粥の場合、電子レンジや鍋などを使用して全体に均一に加熱してください。さらさらの状態になるまで加熱し冷却することで、分離した水分を再び固めることができます。自然解凍は、食品のおいしさやゼリーの物性を損なうことがありますのでおすすめできません。

各種お問合せ先

 

お問い合わせ電話番号のバナー
勉強会依頼のバナー
サンプル品資料請求のバナー