とろみ調整食品

「とろみ調整食品」と「片栗粉」の違いとは?

2019/10/01

たかはし母
料理や飲み物にとろみをつける時、
なんで、片栗粉じゃなくてこの粉をつかうの?
たかはし
ああ、とろみ調整食品ね~。
たかはし母
だってさ、とろみ調整食品って高額でしょ?

わざわざ買わないで片栗粉でトロっとさせればいいじゃない?

たかはし
とろみ調整食品は片栗粉と全く別のものだから、
ちゃんと違いを知っておいた方が良い
よ。

 

こんにちは。フードケアの高橋です。

つい先日、祖父母がそれぞれ癌と嚥下障害によって搬送された影響で、母親とこんな話をすることになりました。

とろみ調整食品は、片栗粉と違うけれど似ている働きがあります。

どうしても混在しやすいですが、

一番違う点をはっきりと覚えておいた方が良いものです。

 

片栗粉との違いは、「唾液」で溶けるか溶けないかです

高橋母
え? どういうこと?

 

母と同じように思った人は多いと思います。

では、このような経験はありませんか?

中華のあんかけごはんや八宝菜などを食べているとき、最初の方はとろりとしていたのに、最後の方で水っぽくなっているということ。

野菜の水が出てきたからということも、もちろんあるとは思いますが、だんだんと

片栗粉がお箸やスプーンに付いた「唾液」と交わって、溶けてしまっていることが大きな原因と言われます。

ごはんを噛んでいくとモチモチしていたものが、口の中でだんだん「サラサラ」してきます

よね?

でんぷん食材というのは、唾液に含まれている酵素(アミラーゼ)の力で分解されて、「サラサラ」になるのです。

これは、でんぷん食材であれば何でもそうで、米だけでなく、パン、麺、片栗粉もそうです。

 

 

嚥下が悪くなってきたからと、「片栗粉」でとろみをつけていると、最初は良くても、徐々に徐々に「とろみ」がゆるくなっていって、最後の方では「サラサラ」の液体を飲んでもらうしかなくなります。

「片栗粉」では、せっかくつけた「とろみ」が徐々になくなってしまい、危険な飲み物に戻ってしまいます。

「とろみ調整食品」は、唾液の影響で「サラサラ」になることはありません!

たかはし
とろみ調整食品と片栗粉の違いは、

・「唾液」で溶けるか溶けないかです。

・とろみ調整食品は、唾液で「サラサラ」になることはありません。

と覚えておいてください。簡単にとろみ調整食品のメリットをご紹介すると、

たかはし
とろみ調整食品のメリットは、

・唾液で「サラサラ」になることはありません。

・入れたら加熱をしなくても「とろみ」がつきます。

・入れた分だけ「とろみ」がつくので、調整も簡単。

となります。

食事中の誤嚥を防ぐためには食事内容がとても大切です。しっかりと混ぜて、とろみがつきにくいものは少し時間を置いてさえ使えば、

とろみ調整食品は非常に使い勝手が抜群です。

ただ、何にでもそうなのですが、危険もあるので、注意して使わなければなりません。

使い方をしっかりと守って、とろみ調整食品をうまく活用して、誤嚥を防いでいきましょう!

 

まとめ

今回は、「とろみ調整食品」と「片栗粉」の違いと、とろみ調整食品のメリットを簡単にご紹介しました。

  • 「とろみ調整食品」と「片栗粉」の違いは、唾液にとけるかとけないかです。
  • 「とろみ調整食品」は唾液で「サラサラ」にはならない。

と覚えておいてください。

食事中の誤嚥を防ぐために、とろみ調整食品をうまく活用しましょう!

(編集 高橋 /イラスト 久保埜)

医療従事者様
・購入に関しましてお近くの代理店までご連絡ください。
・サンプル品のご用命は、こちらまでご連絡ください。
在宅個人様

・購入に関しましてお近くの代理店までご連絡ください。
アマゾンまたは楽天でも購入ができます。

※アマゾンまたは楽天でご購入されるお客様へ。購入に関するお問い合わせは各出店先様へお問い合わせいただきますようお願い致します。

リピーターの方もご相談ください!

サンプル品のご依頼はこちらをクリックしてください!

-とろみ調整食品
-