スベラカーゼレシピコンテスト2019
 

コンテストクラッカー
最優秀賞 結果発表

 

2019年9月6日・7日に、新潟で行われました
「第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会」の弊社展示ブース、
ランチョンセミナー会場にて『スベラカーゼを使ったレシピコンテスト2019』のご案内“うちわ”を配布し、
レシピを募集させていただきました。
 
ご応募いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
厳正な審査を経て決定した、 「最優秀賞」「在川シェフ特別賞」をご紹介させていただきます!

最優秀賞 

スベラカーゼレシピコンテスト2019最優秀賞
 

ハレの日御膳〜GOKAN〜

 
社会福祉法人慶寿会 松林ケアセンター
管理栄養士 宮城島 宏 様
 
<宮城島様のコメント>

 
一つの器に、豊富な彩りを飾ることによる視覚。紅白なますの盛り付けを柚子皮にすることで感じられる、手に持ったときの触覚。イカ・牛肉に、焼き目をつける際の香ばしい音による聴覚。エビチリの辛味による刺激的な味覚。生柚子を使用することで、新鮮な香りによる嗅覚。五感で感じられるレシピにしました。ヒトの持つ感覚機能を刺激することにより、食事をする人自身の「食べる力」を引き出すことに繋がるように想いを込めました。


 

キャンペーン事務局より

 
すべてゼリーで作られているとは思えないほどの出来栄えに、一同驚きの声が上がりました。
作り手の思いの詰まった一品です。最優秀賞の受賞、誠におめでとうございます!

在川シェフ特別賞

在川シェフ特別賞1
 
重症児・者福祉医療施設 ソレイユ川崎
管理栄養士 鈴木 恵美 様
 
<鈴木様のコメント>


ペースト食のご利用者様に、普通食の方と同じ行事食を提供したいと思い、形あるお食事を作りました。エプリッチゼリー(とうふ風味)を加水分に加えることで、普通食と同じ栄養量が摂取できます。喉に張り付かない滑らかなお食事に仕上がり好評でした!
 

キャンペーン事務局より

 
「加水」による栄養価の低下は、嚥下調整食を作る際の悩みの一つです。そこで、栄養補助ゼリーを加水の代用にし、栄養面に配慮された工夫がとても素晴らしいです。
 

在川シェフ特別賞2
魚介類の濃厚トマトクリームパスタ
〜3種のソースを添えて〜
 
医療法人社団 慈誠会 慈誠会前野病院
栄養士 関 千枝 様
 
<関様のコメント>
 

摂食嚥下障害がある御家族を、ご自宅で介助されている方に提案するメニューです。3種のソース(トマトソース・アボカドソース・チーズソース)は酸味、辛味、まろやかさを感じられます。少しずつ混ぜて食べることで、唾液の分泌を促し飽きずに最後まで食べられます。冬は温かいパスタ、夏は冷製パスタにアレンジできます。
 

キャンペーン事務局より

 
色鮮やかな盛り付けに加え、3種類のソースのバリエーションにより老若男女に受け入れられる一品です。
「美味しさにこだわる」という視点も、作り手としては大切に持ち続けたい思いです。
 

在川シェフ特別賞3
 
こころのホスピタル町田
栄養士 山口 育恵 様
 
<山口様のコメント>


フルーツケーキです。見た目はプリンのように見えますが、ホットケーキミックスを蒸し、スベラカーゼ で加工しているので、味はスポンジケーキのようになっています。スベラカーゼ を使っているので、誤嚥の心配もなく召し上がってもらえました!
 

キャンペーン事務局より

 
大量調理も対応可能な一品です。ホットケーキにスベラカーゼを加える発想がとても斬新です。ご利用者様全員で同じものをスイーツとして楽しんで頂ける一品だと思います。
 

この度は、『スベラカーゼを使ったレシピコンテスト2019』に多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました!おかげさまで今回で第3回目となるレシピコンテストですが、毎年レベルの高い作品の数々で私共も大変勉強させていただいております。今後も皆さまに嚥下調整食のレシピなどの情報をお届けし、お食事を楽しむ場がどんどん広がるお手伝いが出来るよう取り組んでまいります。是非これからもスベラカーゼをご愛顧いただきますよう、宜しくお願い致します。

 
令和元年11月
株式会社フードケア
キャンペーン事務局

各種お問合せ先

 

お問い合わせ電話番号のバナー
勉強会依頼のバナー
サンプル品資料請求のバナー